正しい知識でエンジニアスクールを選ぶ

失敗しやすい理由を把握しておけば、エンジニアスクール選びで後悔をすることがありません。

よくあるのは、自分のレベルに見合わないコースを選択してしまって、物足りなさを感じたり、逆に難しすぎてついていけないと悩むケースです。物足りなさを感じる場合には授業にも身が入りませんので、最後まで通えるかさえ疑わしくなります。難しすぎると講師の話している内容をほとんど理解できず、受講しても身につけることができません。つまり、自分のレベルに対して高すぎても低すぎても上手くいかないということであり、ちょうど良いコースを探すことが必要です。

周りに人がいると集中できないタイプなら、最初からマンツーマン形式のエンジニアスクールを選びましょう。学習している間には質問したいことも出てきますが、周りに人が居て聞けないと感じていると、その都度解決できずに習得が遅れます。これではエンジニアスクールに通っている意味が無くなりますので、マンツーマン形式でいつでも質問できる環境を確保するべきです。

マンツーマンなら進度についていけないこともなく、苦手な分野も重点的に教えてもらえます。利便性の悪い場所にしか教室が無い場合、オンライン形式を選択するのも大事なポイントです。対面式で教えてもらった方が効率が良いということはありますが、途中で挫折をするのがもっとも避けたいことですので、最後まで続けられる方法を模索する必要があります。オンラインでも、自己管理さえしっかりとできていれば問題ありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *