エンジニアスクールを利用してIT業界に転職

普通は未経験でエンジニアになろうとすると、チャレンジできるのは第二新卒程度までだとされています。

大学でIT系を学んでいて、関連する業務についていた人が27、28くらいの歳でチャレンジすることも稀にありますが、多くはありません。実力主義の業界内で、スタートが遅れてしまえば周りと対等に渡り合うことができなかったり、覚えられる範囲が狭まってしまう可能性もありますし、ステップアップするのが遅くなって条件面にも差が生じてしまうかもしれません。一般的な話では第二新卒と言われる年齢くらいでIT業界にチャレンジするのかを決めなければなりませんが、例外もあります。

エンジニアスクールに通うと、少し年齢が上であっても十分に追いつくことができますし、何か強みとなるスキルを身に付けられれば高い評価を得て転職することが可能です。スキルが珍しいものである場合、採用時の条件面はとても良くなり、お給料は非常に高くなります。これはどこの会社に行っても同じような傾向になりますので、できるだけ競合する人がいないようなスキルを身につけるのがお勧めです。

スクール通いをしていると、色々な人が集まっていると実感します。目指すところも違いますし、目的も異なる人たちが同じ教室に集められて、同じカリキュラムを受けます。一緒のエンジニアスクールで学ぶことで視野が広がり、新たな視点で転職活動できますので、通い始めたら色々な人たちと話してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *