webデザイナーが使うワイヤーフレーム

webデザイナーはコーディングする前に下書きをする場合が多いようです。

下書きには個人差がありますが、多くの場合はワイヤーフレームと呼ばれる線でサイトを作り上げる場合が多いです。ワイヤーフレームは線と文字だけでサイトを構築しますが、多くの場合は紙と鉛筆でワイヤーフレームの下書きをして清書はツールで行なうという方が多いようです。ワイヤーフレームは顧客との打ち合わせでも利用されることが多く、サイトの構造を理解するのに役立ちます。

また、絵や色が無くても特にwebデザイナーへの指示をしやすいとも言われています。webデザイナーによってはサイトの構造を示すだけではなく、ボタン配置などの位置情報については細かくピクセル単位で指定しておく場合もあるようです。ワイヤーフレームは便利なコミュニケーションツールでもあります。ワイヤーフレームは簡単に書けますが、いくつかのポイントを守って書くとさらに使えるデータとなります。

1つ目は掲載する情報を整理することです。サイトデザインの段階ではコンテンツを選ばずにデザインを決める場合がありますが、利用者の注目の集め方などが決まったらそれぞれに対してコンテンツを埋め込んでいく手法です。コンテンツがまだ決まっていない場合などで有効です。これとは別にコンテンツがすでにある場合は情報を整理して置かないと非効率にデザインが決まることが多く、見せたい情報に優先順位をつけておくとうまくいくことが多いようです

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *