webデザイナーは引き出しを多くすることに努める

引き出しの多さは、webデザイナーの有能さを示します。

デザインルールの制限の中で、どれだけ高クオリティな作品を生み出せるのかは、引き出しの多さに依存することが多いからです。ただし、他者の技法をそっくりそのまま用いてばかりいると、webデザイナーとしての上達が遅くなります。先生と呼べる人物の技法を自らの引き出しにしてしまうことも、webデザイナーには必要なことです。webデザイナーになりたい人の多くは、基礎を学ぶことができる施設に籍を置くことが少なくありません。

その施設には、必ずと言っていいほど先生と呼ばれる人物がいます。彼らはwebデザイナーに必要なノウハウを生徒に教えることが仕事なので、多彩な技法をいつでもアウトプットできる能力が備わっています。講義中や先生と雑談をする時間には、その道のプロフェッショナルがどのような技法を用いるのかを観察すると良いです。それを自身なりに解釈し、オリジナリティ溢れる技法に昇華させられれば自らの引き出しが増えることになります。

トライアンドエラーを繰り返すことによって、引き出しが増えていきます。良いデザインは、一朝一夕に身につきません。さらに、たくさんの失敗を重ねなければ自身の作品の何が良くないのか判断することは難しいです。失敗を恐れることなく、多作することは当然であると思いながらデザイン作業に取り組むことが重要です。何度か失敗を繰り返していると、手応えのある結果が生まれ引き出しが増えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *