webデザイナーが作りやすいワイヤーフレーム

ワイヤーフレームはwebデザイナーのデザインの作成のひな形に使えるもので利用している方が多いようです。

また、営業とwebデザイナー間での意思疎通を取りやすいことからコンテンツが揃っていない場合などでも利用が多いようです。そしてデザインがある程度決まった段階で発注者へのプレゼンでも利用している場合も多いです。ワイヤーフレームは紙とペンで書けますが、顧客へのプレゼンや営業が使う場合にはツールを使って清書される場合が多いです。ワイヤーフレームは使い勝手がよく、簡単にかけるのですが、書く内容についてはよく吟味する必要があります。

webデザイナーはコンテンツを最大限有効的に使いますが、ワイヤーフレームであっても同様です。どのように見せたら視聴者にとって便利なのか、また、SEO的にはどうなのか、などです。そのため、ワイヤーフレームを作る際も情報の集約、選択が重要となります。情報をまとめる際にはまずすべての情報を集めることから始めると良いです。

サイトで利用するしないに関わらず集めておく必要があります。次にそれらの情報を区切っていき、グループにわけます。グループに分けた後はそれらに順位をもたせます。この順位はサイトでの表示順でもあり、ワイヤーフレーム上での表示内容の取捨選択に有効です。情報を整理することは利用者にとても重要なことであり、漠然とコンテンツが並ぶよりも有効でなおかつデザイン状もすっきりした感じを出せます

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *