webデザイナーのワイヤーフレーム

webデザイナーは下書きをする場合が多いですが、それらは線と文字だけで書かれていることが多いです。

これらの下書きはワイヤーフレームとも言われ、webデザイナー以外でもさまざまな場所で利用されています。ワイヤーフレームは紙とペンだけで作れる手軽さが魅力です。試行錯誤しながらデザインを決める方法としてとても優れています。さらにツールを使って清書すれば顧客との打ち合わせにも利用しやすいですし、営業との打ち合わせでも意思疎通が取りやすい形式です。

ただし、ワイヤーフレームは文字と線だけで記載するので利用にあたっては適切に行わないと意味を成さないデータとなりやすいです。webデザイナーが使うワイヤーフレームではデザイン性を重視する傾向があります。デザインでは画面配置が重要になります。画面配置は自由と思われがちですが、適切な画面配置を目指すなら仕組みは知る必要があります。

現在、webデザイナーが使える画面配置はマルチカラム、シングルページ、フルスクリーン、タイルです。どの画面配置もコンテンツに応じて選ばないと見栄えが悪いだけではなく、利用者にとっても使い勝手が著しく悪くなります。ワイヤーフレームの段階でさまざまな画面配置を行いながら最適な画面配置を決めていくことが大事です。画面配置は見栄え以外にもスマートフォン対応の面でも重要です。PC向けのサイトだけの案件は少なくなっており、さまざまな端末で綺麗に見えることが重要になっているからです

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *