webデザイナーになるためには

webデザイナーは職業として認知されていますが、資格があるわけでもないので自称ですぐに仕事ができます。

しかし、実際にお金をもらって仕事をするためには幾つか知っておかなくてはならないことがあります。1つ目はwebデザイナーの仕事はホームページやブログをデザインするだけではないことが多いことです。ホームページをデザインするだけで良かった時代は終わっており、現在では顧客対応から場合によってはサーバ管理まで行なわなくてはならないことが多くなっています。2つ目は顧客からのWEBデザインの要望を適切に聴く能力が重要であることです。

ホームページなどのデザインは抽象的な要望が多いのですが、webデザイナー側ではデザインを作るための技術が求められるだけではなく、適切なデザインを選び、また、納期についても決める能力が重要になります。顧客目線からすればどのようなデザインにして欲しいかうまく説明できない場合もあり、聞き取りの能力が重要になります。また、デザインを作る際に納期がわからないと頼むに頼めない顧客も多いのです。

どの程度の予算と時間で自分が求めているものが作られるのかよく相談し、提案することが大事です。自称webデザイナーが仕事が少なくなる理由はまさにここにあり、自分勝手な提案、相場に合わない価格帯、納期が不安定などは自称webデザイナーでありがちなことであり注意しなくてはならないポイントとして知られています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *