ビジネススクールで学んだITエンジニアが目指すもの

ITエンジニアというのはすでに技術屋の行きにとどまらず、経営的な知識を求められるようになってきました。

そうした背景から、ビジネススクールで学ぶIT技術者は確実に増えてきています。会社でIT業務をこなしながらビジネススクールで経営に関する知識を多角的に学ぶことで、技術から価値を生み出すことが出来る次世代のITエンジニアに成ることができます。こうした人材は今最も求められているため、そうした自分の求めるITエンジニアの理想像に近づくためにも、日々コツコツとビジネススクールに学ぶIT技術者が増えているのです。

彼らが大学または民間のビジネススクールで学んでいることは、経営学の基本である会計や財務、マーケティングの他に、研究開発マネジメントや企業論と言った最尖端の分野です。今までのIT技術者には不要かと思われた知識が、技術から新しい価値を生み出すためには必要な知識となっているのです。

IT技術者も生き残りをかけて経営的な視点に立った技術を提供することが求められる時代になってきたことから、ビジネススクールで学ぶことの意義は大きいと考えられています。ただ、誰しもがこうしたITエンジニアの理想像に近づくことが出来るというわけではありません。

経営とIT技術の両立を図ることは難しいことであるため、結果的にどちらか取捨選択を行う人も多いのです。技術でのみやっていくことを決めたのであれば、その分野に精通する必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *