エンジニアならビジネスに欠かせない知識はスクールで

システム開発をビジネスとする以上、システムエンジニアは最低限の知識としてコンピューターの基本構造は知っておく必要があります

。どのようなハードウエアで構成されているのか、またどのような仕組みでコンピューターが動くのかといったことも完全に理解できないまでも、概要は理解しておいたほうがいいでしょう。このような仕組みは例えばパソコンを自作するための手順を解説した書籍などを読むと、実際に自作をしなくてもイラストや写真入りで丁寧に解説されているものが多いので役に立つはずです。パソコンの基本操作は習得しておく必要があるでしょう。現在のところ一般のビジネスで導入されているパソコンの多くは、OSにウインドウズが採用されています。

ファイルの操作やソフトのインストールなど頻繁に行われる操作は、マスターしておきましょう。なお操作については一般のパソコンスクールでも簡単にマスターすることが可能ですので、大いにスクールを利用して知識を深めていってください。もし2台以上のパソコンを所有しているのなら、小規模のネットワークを構築してみるのもいいでしょう。

なかなか思い通りにいかず苦労することもあるはずですが、こうした経験はシステムエンジニアとしてビジネスを行っていくうえで無駄にはなりません。プログラマではないとしても、システムエンジニアはプログラミングの経験は必ず必要となってきますから、わからない人はスクールに通ってプログラミング言語など知識を得るようにしたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *