ビジネスに重要エンジニアになるためのスクール

エンジニアと聞くとどのようなイメージが思い浮かぶでしょうか?少し前までは機械の設計や電子デバイスの開発に携わる人でしたが、現在ではコンピューターのプログラマーやシステムの提案・設計・開発をするシステムエンジニアのイメージの方が強くなっているのではないでしょうか。

最近ではビジネスにおいてITは切っても切れない存在になっています。そしてこれからも重要度をましていくのは間違いないはずです。現在エンジニアの数は不足している状態でしばらく解消するのは難しいとみられています。どこの企業も経験を持った人材を欲していますが人材確保に苦戦を強いられています。この職業は、なりたいからすぐになれるというものではなく、やはり専門的な知識を学ばなければビジネスに活用することができませんし日進月歩で技術が改良されますので基本を学んだ後も積極的に技術を取り込んでいかなければ取り残されてしまいます。

人材不足であるがゆえに経験を持った方は転職すると高所得を得ているようです。そんな背景もあってか子供が将来なりたい職業で中・高校生ともに男子はエンジニア・プログラマが1位となっています。(2017ソニー生命保険調べ)数十年後は人手不足も解消されていくことでしょう。システムエンジニアを目指すのであればスクールなど講師のいる場所で学ぶのが近道かと考えます。

人手不足を解消するために業界ではプログラミング学習を受けやすいような工夫がされておりスクールの中には講座を終え就職できた場合受講料を全額戻してくれるところもあります。スクールでは専門分野を学習するというのが一番の目的ですが、業界のつてを作ることができるのも大きな意味があるのではないでしょうか。

一緒に学んだ人から仕事の誘いがあることもあるはずです。ビジネスは人と人とのつながりが大切ですので専門的な知識も必要ですが人脈を作るというのも念頭に置いておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *