開発者のプログラミング言語の選び方

開発者がソフトウェアを開発していく為に必ず習得しておく必要がある物の一つがプログラミング言語です。

プログラミング言語は数えられるだけでも、世界に数千種類以上が存在しています。しかし、世界的に主流となっている言語は比較的限られています。ハードウェアの性能を最大限に発揮したい場合には、アセンブラやC言語などを選択する事になります。Webサービスなどでサーバプログラムを構築したい場合には、HTMLとの親和性が高いPHPを使ったり、CGIを通して使えるPythonやPerlやRubyなどの軽量言語を使うのが一般的です。

各プログラミング言語は、そのままでは、一から機能を開発する必要が出てきますので、開発において非効率になります。開発現場では、フレームワークやライブラリをよく使います。世界的に利用されるフレームワークやライブラリを使う事が多いですが、企業独自で開発されたフレームワークやライブラリを使う事も多いです。

フレームワークの多くは、MVCアーキテクチャーと呼ばれる考え方に基づいて開発されていますので、管理画面でコンテンツを管理するようなタイプのソフトウェアの開発を迅速に出来るメリットがあります。開発者がこれからプログラミング言語を選択する際には、所属している組織で使われている言語を習得するだけでなく、より効率的に処理が出来たり、開発出来たりする言語を選択する事も重要になってきます。優れたフレームワークを持つ言語は、自然とユーザー数が増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *