オブジェクト指向のプログラミングが主流です

プログラムはプログラミング言語で作成します。

言語は何種類も存在するので、自分の開発したい対象に適した言語を使うことが大切になります。プログラミングは通常は数千行から数万行におよび、非常に量が多いです。そのため、機能ごとに細分化して複数のプログラマーが協力して開発を行うことが多いです。その細分化にも何種類も方法があります。単純に分ける場合はそのパーツのことをモジュールといいます。しかし、単純にモジュールに分割することは現場ではあまり行われません。

しかし、効率やコストの面から考えてもこの分割法はあまり得策ではありません。そこでおよく行われるのがオブジェクトに分ける方法です。一般にはオブジェクト指向言語という呼び方をされることが多いです。オブジェクトとは物を指しますが、プログラムの世界の物は二つの要素から成り立っています。それはデータと処理です。一つのクラスの中にプロパティとメソッドが存在するのです。

つまり、複数のオブジェクトの集まりとしてプログラムを作成することは、物語の中に複数のキャラクターが存在するイメージとして考えることになります。オブジェクトには固有の名称がありますが、それらをまとめてクラスと呼びます。こういったクラスの特性のことをプロパティと呼びます。たとえば、クラスの名称はプロパティです。メソッドはクラスの行う処理のことです。たとえば、プログラミングによって文字をコピーして貼り付ける動作などもメソッドです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *