プログラミングを学ぶこと

最近は趣味、教養としてプログラミングを学ぶ方も多くなっており、過去のプログラミングのイメージとはかなりかわってきた感じがあります。

私は、システム関係の職業なので、仕事でプログラミングすることがありますが、現在の仕事に就くまでは、無縁でした。しかしいまは趣味でもプログラミングしています。最初は英語みたいな文字の羅列で、おもしろくありませんでしたが、初めて作成した機能が動いた時は、感動したのを覚えています。実際のプログラムのおもしろいところは、同じ機能を実現するのに、人によって書き方が異なるところです。

自分が10行以上コード(命令文)を記述するところを、熟練のプログラマなら数行で済むことが多々あります。大げさかもしれませんが、自分の考え方を表現できるとも言えると思います。そのため、人によってコードが異なるのところが面白いのです。そのような人との違いなどを見て、論理的な考え方も学習できたと思っています。

プログラム自体は、稼働するハードウェアの中の世界かもしれませんが、論理的な考え方は、実際の世界でも有用だと思っています。現在は開発環境も過去と比べ安価で容易に準備することができるようになりました。またパソコンだけでなく、自分が実際に身近で利用するタブレット、スマホなどでは、自分が欲しい機能などを作成することができるのでとても楽しいと思っています。プログラミングを学んで損はないと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *