プログラミングを学ぶことのメリット

みなさんはプログラミングに興味はありますか。

難しそうだったり、自分には関係ないと感じたりする方も多いかもしれませんが、最近では教養として学ぶ人も増えてきます。今回はプログラミングを学ぶメリットを紹介します。まず、プログラミングとはコンピュータが処理するプログラムという命令文を書くことです。コンピュータは、人間とは異なり、プログラムに書かれたことしか処理できないため、たとえば画面に文字を表示したり、コンピュータ上でマウスカーソルを動かしたりするだけでもプログラムが必要です。

そして、これらのプログラムを組み合わせて、コンピュータは複雑な処理を実行しています。いかにコンピュータを効率よく動かすことができるかは、そのプログラムがいかに論理的に書かれているかにかかっています。そして、プログラミングを学ぶ大きなメリットのひとつが、この論理的思考力を高めることだといえます。また、効率的なプログラムを書くためには、物事を単純化する必要があります。

コンピュータは簡単なことしかできないので、プログラムを書くためには、コンピュータにさせたいことを細分化し、理解しなければなりません。そのため、プログラミングを学ぶと物事の本質を捉える能力も同時に身につきます。この力は、プログラムを書くことだけではなく、業務の問題点を見つけ出し、改善につなげたり、隠れたニーズを見つけ出し新たな市場を開拓したりするなど、そのほかの分野の業務でも大いに役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *