独自仕様のプログラミング言語について

プログラミングをするためにはプログラミング言語が必須です。

一般の人はプログラム言語と聞くと一つの言語だと思ってしまう場合が多いですが、その種類は非常に多いです。そして、それぞれの言語がそれぞれの特徴を持っています。その中には当然メリットやデメリットも含まれます。例えば、デスクトップ上のマウスやキーボードの操作を自動化するものとしてUWSCと言われるマクロ型のツールがあります。このマクロを動かすためのプログラミングとして独自仕様の言語を使用します。

独自仕様なので使い方はホームページやツールのマニュアルで学ぶ必要があります。しかし、記録機能があるので、マウス操作をプログラムとして記録してくれます。それに手を加えてコーディングを行うのが一般的な方法になっています。マウスとキーボードの動作をオートにすることが可能であり、上手にコーディングすればいろいろな恩恵を受けることが可能です。Cを全ての基本と考えている人は多いですが、基本はやはりBasicです。

いろいろな複合タイプの文法を使う場合でもその根本はBasicで考案されたものを改良しているからです。オブジェクト指向言語だけはその範疇から外れますが、それでも最初に学んでおけば基本を習得できるので無難といえます。モジュールを総合的に統括するメインプログラムは最も最初に作成することが多いです。そのため、そのコードは長文にならないようにすることが肝要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *