プログラミングには開発環境が必要です

一般の人はプログラミングは難しいものだと考えています。

実際、簡単なものではないのですが、そこまで難しいというわけではありません。どんなプログラムであっても、作成するには開発環境とプログラミング言語を使用する必要があります。開発環境を手に入れるハードルが少し高いことが多いです。大抵の開発環境は無料で手に入るのですが、それを手に入れるのには専門的な知識がいる場合が多いのです。それに手に入れてた後の設定も初めての人には難しいです。

そのため、プログラムの経験がない人は敬遠してしまいがちです。そういう人にお勧めのプログラム言語があります。それはVBAです。プログラム言語と聞くと、自分の手元には開発環境はないと思ってしまいがちですが、それは勘違いであることがとても多いのです。言語には専用の環境が必要であることは確かなのですが、中には一般的なソフトに組み込まれている場合もあるのです。

例えば、表計算を自動で行うために行うプログラムは表計算のソフトの中で行うことができます。プログラム用のエディタが組み込まれているので、そこでマクロ用のコードを書けばいいのです。VBAはベーシック言語です。そのため、とても簡単に書けます。書店には参考書が沢山売っていますし、マニュアルもネット上で読むことができます。記録する機能を使えばコードの形で記録することも可能です。最初はそれを使って練習して、その後で一からプログラミングをできるようになればいいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *