プログラミングとはどういうものをいうのか

プログラミングはコンピュータに指示を与えてある一定の処理を行わせる作業のことを言います。

これを行うにはプログラミング言語という一連の動作を指示するための人工言語を使い、ソースコードを記述してコーディングを行い、複雑なプログラミングでは1回で完成することは少なくて、バグを修正したりテストを繰り返すことが必要になったり、ある一定の期間保守を行ってゆくことも必要となります。これを行う人はプログラマーと呼ばれ、アルゴリズムと呼ばれる問題解決の手順が定式化された専門知識や論理学、プログラミングの各種の言語の知識が要求されます。

普通は複数の人間がチームを組んで一定の開発工程に従って期間内にこれを仕上げるようにもって行くという作業を行います。仕事内容としては要求分析、ソフトウェア設計、仕様書作成、構築、コーディング作業、コンパイル、テスト、文書作成、保守などを担当して、利用者からの質問に答える場合もあります。開発面においてはその利用目的や用途に従って言語を選択する必要があります。

しかし言語の数は年々増加して来ており、それらの言語が使える人を集めるのも中々難しい状況にあります。実行時に動作が重いとか言語の処理系に問題がある場合には最適な言語が何になるのかの特定が難しい場合も出て来ます。プログラミングでは例えばシミュレーションゲームやデータ解析、銀行のATMシステムとかの顧客の要求に応える等の受注を請けます。
プログラミングスクールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *