プログラミングをスクールで学ぶ目的

プログラミングをスクールで学ぶ目的は人によってさまざまです。

意外なことですが、すでに技術者として活躍している人もスクールでプログラミングを学ぶことがあります。なぜすでに技術者になっているのに休日や平日の夕方にわざわざスクールに通ってプログラミングを学ぶ必要があるのでしょうか。一般的には未経験の人がエンジニアになるためにスクールに通って勉強をするというイメージのほうが強いでしょう。実は、技術者として働いている人でもプログラミングができないという人がいます。

技術者にもさまざまなタイプの人がいて、中には文系出身の人もいるのです。文系出身でプログラミングができないけどシステムエンジニアをやっているという人もいます。それで仕事がこなせるのかというと、ケースバイケースです。上流工程の仕事ではむしろ対人スキルのほうが重要になってきます。技術力はなくても、対人スキルが高い人は上流工程の仕事をやっていることがあるそうです。

そういった人は、将来的には上級エンジニアであるITコンサルタントや経営者などになれば技術を身につけないままでも年収を上げることができます。しかし、あくまで技術者としてやっていきたいと考える人もいて、そういった人は仕事とは別にスクールに通って技術を高めることがあります。大学のように総合的に教養を身につけることが目的なのではなく、特定のスキルを重点的に身につけるために利用されるということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *