Webデザインの仕事の需要

この20年で社会は急激に進化しました。

昔はなかった職業が現在はあたりまえのようにあったり、逆に昔はあったけど現在はなくなった職業もあります。そんななか、プログラマーという仕事は10年後にはなくなっているという予測もあります。それではWebデザインの仕事はどうでしょうか。

Webデザインの仕事は、その名の通り、インターネット上のホームページを美しくデザインする仕事です。最近では動的なサイトが増えているので、プログラマーと協力しながらホームページを作成することが多いです。プログラマーの仕事はどちらかというと単純作業ですので、コンピューターがとってかわることは可能だと思われます。

プログラミング言語がもっと簡単になって、Webデザイナーがデザインとプログラミングの両方をやることになるかもしれません。今のプログラミング言語はとても難しく複雑なので、デザイナーがプログラミング言語も理解しているということは少ないですが、もっと簡単になればデザイナー学校でプログラミングを習得するようになるかもしれません。

一方でWebデザインという仕事は、コンピューターが人間が感じる「美しさ」とか、「使いやすさ」といったことを理解できるようにならなければ難しいでしょう。Webデザインは、現在は人間でなければできない仕事だと思われます。

結論として、プログラマーという職種が10年後にはなくなっていたとしても、Webデザインの仕事はなくなっておらず、需要はあり続けると思われます。社会はますますIT化されていきますので、IT人材の価値は上昇し続けるでしょう。Webデザイナーは将来性のある職業です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *