プログラミングスクールが増えています

生活のさまざまな面にITが導入されつつあり、ソフトウェアの重要性が台頭するようになってきました。

2017年には文部科学省により新小学校学習指導要領において、2020年よりプログラミング学習が必修化されることが発表されました。少しずつ生活にAIやロボットが取り込まれ、従来人間が行っていた業務をそれらに移行していく動きは徐々に大きくなることが考えられ、子供の将来においては多くの人間が何らかのかたちでITにかかわることが考えられます。

そのためプログラミング学習の必修化に先だち、ここ数年民間のスクール開設が多く見られるようになっています。これらのプログラミングスクールでは小学生を対象に、難しいコードを知らなくても視覚的、感覚的に簡単にコマンドを構築できるソフトを使用してオリジナルのキャラクターを作成、キャラクターを自分の意のままに動かすことができるようにするというアプローチでプログラミングを学習することができます。

スクールで大切にしていることは、専門の言語を習得することではなく、プログラミング的思考を身につけることにあります。人間がその目的のためにコンピュータを使用するためには、的確にコマンドを出す必要があり、そのコマンドには順序があるということを学ぶ必要があるのです。このような学習は物事を考える上で、筋道立てて考えるロジカルな思考を身につけることにも寄与しており、今や新しい習い事として支持されるようになりつつあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *